悩みも解決

身近でも

身近な人がうつ病になってしまったら

昨今では、うつ病などの心の病気に悩まされている人が多くいるようです。 初期症状としては例えば、やる気が出ない、何となく沈んだ気持ちになる、などの精神的な症状だけでなく、眠れないなどの身体的な症状もあります。もし、自分にこういった症状が現れ、うつ病を疑うならば、まずは身近なチェック方法として、インターネットなどで簡単にチェックが出来ますので、是非やってみる事をお勧めします。うつ病などの心の病気は、目に見えないので、自分以外の他人には分かりにくくなかなか理解を得られず、苦しんでいる人がたくさんいるようです。家族や友達、恋人など身近な人が、おかしいなと感じたら、優しく声かけをしてあげるといいようです。

早い段階でのチェックが大切

うつ病になりやすい人の特徴としては、真面目な人や責任感がある人、計画的に物事を進めようとする人がこれに当てはまると言われています。人は、悲しい事や苦しい事があっても、『日にち薬』という言葉もあるように、何日かするなかで心が回復し、普段の生活に戻っていくものです。しかし、何日経っても、気持ちが沈んだまま一向に変わらない。または、身近な人がこういう状態にある場合は、心の病を疑います。こういう状態に陥ってしまった人の心はデリケートなので、「うつ病のチェックをしましょう」などの直接的な言葉は避け、会話の一つとして上手くチェック項目の質問をしてみる、などの工夫をすると良いのではないでしょうか。早期に発見する事で、重篤化を免れる事を防ぐ事が出来るでしょう。