悩みも解決

気をつける

うつ病の注意点について

食欲不振や睡眠不足、慢性的な集中力の低下などうつ病の症状には悪化すると日常生活に支障を来すというものもあります。比較的軽度のうつ病であれば自覚症状が少ないケースもあるのですが、多くの場合は自分で何かおかしいと気が付いたときにはすでに病状が進行していたなんてケースなので注意が必要です。 基本的に、うつ病は早期発見、早期治療が鉄則です。早め早めに治療を開始することでその期間も短くすることができますし、当人の精神的な負担も早い段階で軽減することができます。 うつ病は自覚症状があいまいであったり強くなければ見逃しがちになるので、気になる人は早め早めにチェックしておくことをおすすめします。最近体調がすぐれないという場合でも、もしかすると体ではなく精神的な問題によって影響が出てきているのかもしれませんよ。

チェックする具体的な方法

自身がうつ病かどうかのチェックは本格的なものであれば専用のメンタルヘルス施設、心療内科などの医療機関を受診する必要があります。ただ、本当の簡易的なものであれば自分でも簡単に始めることができるので非常におすすめです。 ネットでうつ病のチェックと検索をかけるとそのチェックシート、アンケートシートが沢山ヒットするはずです。簡単なものであれば数分で入力が可能なので、より手軽に自分にうつ病の可能性があるのかどうかをチェックしたいという人にはおすすめです。もちろん、これは簡易的なチェックなのでより信頼性のあるものをというのであれば専門機関に足を運ぶ必要があります。 気になる人はまず、簡易的なものから受けてみて、その結果次第で医療機関を受診するかどうかを決めていくといいのではないでしょうか。